ふじまるぽーたる

音楽、自作好き筆者の愉快な日々の記録。

そろそろ食べ頃? 〜 ルッコラとコリアンダー

好物のハーブをあげるなら1、2位を争うのが、ルッコラコリアンダー

いずれも、少しあるだけで風味が一気に本格的になって、お酒が進むー❤️ この二つがあれば、ひとまず生活が豊かになるんだ。

 

最近でこそスーパーにも並ぶようになったけど、いかんせん、欲しい時に売ってない。 仕方ないので自家栽培です。

実は何年も前にタネは買っていて、今年は期限ギリだったので、秋ですが一月前に種まきしました。

ウチのベランダは北向きでガーデニングには不向き。東向きのキッチンの窓、西向きの狭いベランダなど、強い日差しを求めてプランターを移動させながらの栽培。

途中で日照不足を補うために、微粉ハイポネックスを施しつつ、約1カ月。ようやく、本葉が安定し始めました。

そろそろ間引きがてら、味見しようかな。

f:id:fujimaru3:20191024090523j:image

 

焼きメレンゲに挑戦

最近、お菓子作りに興味のある娘。
先日、料理に使った卵の卵白が余ったのを見て、メレンゲを作るという。

え、そんなん作り方知ってんの?
どこでメレンゲなんか知ったん?

私の頭の中は????だらけだったが、やる気マンマンの娘。
記憶にある作り方を簡単にサジェストして任せたけど、ちっさいホイッパー使うもんだからなかなか捗らない。

卵一個分の卵白なので、スティックブレンダーだと届かず(笑)、結局、カプチーノ用のミルクフォーマーである程度まで泡だてて、砂糖投入後は普通のホイッパーでガシガシと。

絞り出し袋なんてシャレたもの常備してないので、スプーンですくって焼きました。
大きさはマチマチだけど、カリッフワッでとても美味しくできました。

余り食材でスイーツ作るなんて、すごいじゃない。ね?

f:id:fujimaru3:20191014220254j:plain

 

ベジタブルエキスソープのラッピング

丸型のソープを上手にラッピングするのは苦手。
たくさんできたベジタブルエキスソープと宅配の段ボールに入っていたハトロン紙みたいな緩衝材で練習した。
ラベルつけるだけで、なんとなくそれっぽくなるから不思議。

f:id:fujimaru3:20191013100854j:plain

左からブルーベリー、ほうれん草、トマト。

 

fujimaru3.hatenablog.com

リキッドソープ製作

生活の木ハンドメイドギルド手作り石けん講座応用科、最後のレッスン。
苛性カリから作るリキッドソープです。

リキッドソープは固形とは違い、ディスカウントという概念がない。
余剰油脂は分離してしまうため、完全に鹸化させるよう鹸化率は100%以上に設定。
材料の計算方法も違うし、固形ではトレースを必要以上に早めるため敬遠されるエタノールを入れるなど、今までとは違う手順。

しかし、一気に鹸化させてすぐ使える上、オプションなどは後入れなので劣化もしにくいため、固形とは違う楽しみがありそう。

ソープベースは1年は持つようなので、楽しみながら使ってみたい。

f:id:fujimaru3:20191013135204j:plain

蜂蜜みたいなソープベース。

 

多色づかいのアートソープ

生活の木手作り石鹸講座応用科、4回目。
石けんのデザインについての講習。

色材やオプション、香りのそれぞれの解説の後、4つの色材を使っての実技。
色材のレッドクレイとネトルをクリアのMPソープに、ターメリックとシナモンをホワイトのMPソープに混ぜ、デコレーション用の素材を作成。
その後、ベーシックな石けん生地をに飾り付けるというもの。

f:id:fujimaru3:20190924161445j:plain

上から左回りに、シナモン、ターメリック、ネトル、レッドクレイ。

f:id:fujimaru3:20190924162325j:plain

上段はクリア、下段はホワイトのMPソープに混ぜました。

 

生地を作っている間に、固まったMPソープをカット。
それぞれ生地に入れ込んだり、上にトッピングしたり。
個性豊かなデザインが並びました。

f:id:fujimaru3:20190924170723j:plain

私のは一番下。レッドクレイとシナモンを底に、ネトルとターメリックをトッピングに。

カットしたらどんなデザインになっているか楽しみ。

ベジタブルエキスソープ

手作り石けん講座、応用科3コマ目。
今回は、野菜の汁を水分にした石けん。
ほうれん草、トマト、ブルーベリーが題材です。

f:id:fujimaru3:20190917160456j:plain

美味しそう。


苛性ソーダにより壊れる栄養素もあるので、主に色素の変化を見るものです。

ほうれん草は根を除いてカットし、適度に精製水を加えてミキサーで粉砕。
トマトはすりおろし。
ブルーベリーは冷凍のものを解凍し、袋ごともんで潰す。
それぞれを濾して絞った後、苛性ソーダを希釈する水分に置換えます。

f:id:fujimaru3:20190917161050j:plain

ミキサーでゴリゴリ。

 

f:id:fujimaru3:20190917161054j:plain

モミモミ。

f:id:fujimaru3:20190917161100j:plain

すりおろしたら絞って。


 

 

見たところ、
トマト、ほうれん草は苛性ソーダに入れてもそこそこ色が残っているようですが、ブルーベリーはやはり茶色く変色したようです。

f:id:fujimaru3:20190917164103j:plain




今回は3種をそれぞれ分けて持ち帰り。
解禁後はどんな色になっているでしょうか。

 

----------型出し後-----------

翌日、冷凍庫に小一時間入れたあと型出し。
ブルーベリーはスムーズに、トマトは少し粘り気がありケースの底に付着気味、ほうれん草はもっと柔らかく底にべったりと残る状態。
結局、冷凍庫でしっかり凍らせたら、つるんと離型しました。

トマトの酸味、ほうれん草の不鹸化物など、影響を与える要素がそれぞれにあったようです。
素材が違うとこんなに離型具合が違うのですね。

f:id:fujimaru3:20190926174730j:plain

左から、ブルーベリー、ほうれん草、トマト。



驚異と怪異―想像界の生きものたち

めっちゃ楽しい! おかわりしたいくらい!

万博記念公園そばの国立民俗学博物館で開催中の展覧会。

http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/special/20190829kyoui/index

 

なんと言っても みんぱくですから、私の場合ある意味見る前から温まってるとも言えるんですが。

まぁ、のっけから人魚や龍、一角獣などなど。世界各地に共通して存在すると言う好物ネタです。しかし、日本の人魚がハゲチョロピのおじさんなんで、悲しくなったり笑。

 

メキシコやアジアの民族による伝統儀式用のお面や衣装。

「デッドバイデイライトのキャラクターに似てるな」

「これスタンドやん」

「.これ次描くイラストの参考になるな」

など、琴線に触れまくりの母娘。

 

少しドキドキする、でも目を離せない、そんな異形のモノたちは、何度も何度も再生して、ヒトの心に住み続けるのだろう。

 

思えば、以前に見たものもあるんだけど、ゲームやマンガ、身近なプロダクトにまで及ぶストーリー展示、広範囲に及ぶ深い編集力に唸らされました。

インスタ用撮影ポイントやファイナルファンタジーの大きなディスプレイ展示、クリーチャーをデフォルメしたファンシー雑貨など、子どもの好きなカジュアルな楽しみも文脈の中できちんと配置されていて、民族文化との関わりとリスペクトを理解してもらえるのに良い機会でした。

f:id:fujimaru3:20190918200124j:image
f:id:fujimaru3:20190918200127j:image
f:id:fujimaru3:20190918200121j:image
f:id:fujimaru3:20190918200131j:image
f:id:fujimaru3:20190918200135j:image

これこそまさに、みんぱくの面目躍如たるもの。大阪に住んでて良かったと思えた展覧会でした。

ちなみに、ここのミュージアムショップ、久しぶりに来たけど、好物ばかりでクラクラしました。ショップだけでも再訪したいわ。