ふじまるぽーたる

音楽、自作好き筆者の愉快な日々の記録。

今日のインスタントDIY〜ジーンズの刺し子補修その2

DIY用の仕事着にしてたジーンズのヒザが破れて随分経つ。
そのまま履くもんだから何かの拍子にさらに破れる。
「こりゃ補修やな」
と、裁縫箱をひっくり返してブツ探し。
気に入っておいていた刺繍の切り抜きがあったのでそいつで補修することに。

今回は見せたい柄が当て布にあるため表から当ててチクチク。
周囲は破れてはいないもののかなり薄く、固定するには心許ないので刺繍の周りをグルリとカラー糸で並縫い。端は、これしかできないブランケットステッチ。

 

f:id:fujimaru3:20200309162848j:plain

 

以前は裏から当て布をしてチクチク縫っていたようだ。
しかしまぁ、動機から何から代わり映えしないな。

fujimaru3.hatenablog.com

阪急百貨店イベント「ハーブと暮らす」

 阪急百貨店10階 『うめだスーク』。
レギュラーテナント以外に、期間限定でユニークなショップが出店しているので、ときどきフラリと立ち寄るお気に入りのフロア。
イベント「ハーブと暮らす」は、スークの中央街区パークで開催された、日本産のハーブをメインにした限定ショップ。ソーパー友達から教えてもらって、イベント最終日直前に行ってきました。いろんなワークショップなどはすべて終わっていたけれど、かえってゆっくり商品を見ることができました。いくつか気になったアイテムや連れて帰ったものをメモ。

f:id:fujimaru3:20200217122048j:plain

島せっけん
会場に入ってすぐ目に入ったブース。去年、レモンの石けんづくりに凝ってたので、こちらの「檸檬」を購入。ショップの方も親切で、いろいろと丁寧に商品説明していただきました。淡路産の果実やハーブ、精油を使い、無添加にこだわって作られたとのこと。レモンのいい香りがします。使うのが楽しみ。

Odai・宮川森林組合
三重県の奥伊勢、大台町の森から生まれた、とても洗練されたプロダクトが並んでいました。森の資源への敬意を感じる美しさを追求した形、深呼吸したくなるいい香りの石けん。ただ、とってもお高くて…後ろ髪引かれていたらサンプルくださいました。中に入っていた取説までもいい香り。

f:id:fujimaru3:20200220084203j:plain

いい香りで、使うのがもったいない!

杉乃精・株式会社K・Kファーム
ちょっと気になってる和ハーブ・クロモジをプッシュしていたので立ち寄り。クロモジだけでなく杉や柚子、山椒などユニークな精油のラインナップもお試しさせていただきました。全部、好物なのでうっとり! ちいさなピースにクロモジ精油を垂らしてもらいました。

f:id:fujimaru3:20200226153601j:plain

爽やかな甘い香り。このピース、チャームにしようかな。

 

商品はいずれも日本産のもので、精油は森のものが多かった印象。odaiさんで聞いたところではやはり、森で伐採した資源の有効活用という視点での商品開発・ブランディングだとか。
本の森や山を守るためにも、このような日本産のものを積極的に使っていきたいものです。…すこーしお高いんですけどね。
できる範囲で、できるだけ。

 

shimasekken.thebase.in

 

voice-odai.jp

 

suginosei.weebly.com

ハコリノベさんの感謝祭「ハコフェス2020」

 お友達に誘われて、リノベーションオフィス・ハコリノベ さんの大阪店の感謝祭「ハコフェス」に伺ってきました。

四ツ橋駅から程近い大阪店。小雨が降っていたので軽装で行ったのですが。
開店早々、近所の親子連れなどで熱気ムンムン。シルクスクリーンやスワッグづくり、ハーバリウムなど、親子でも楽しめるワークショップがたくさんで納得です。

私たちは、スワッグ用にラインナップしたドライフラワーを使ってハーバリウム作りにチャレンジ。花材が限られていたのでシンプルですが、一度ちゃんと作ってみたかったので勉強になりました!

f:id:fujimaru3:20200227101851j:plain

不器用であまり上手くできなかったけど満足。

他にも、持ち帰り自由の建材や端材があり、こちらも盛況。
私もタイルをたくさんいただいてきました。

f:id:fujimaru3:20200217104343j:plain

プレートやカトラリーレストに転用するつもり。

コーヒーとドーナツをいただけるチケットももらえて、サービスたっぷりのフェスでした。

帰りは近くで見つけたフレンチバル・CAFE BIGOUDENEさんへ。
美味しそうなガレットが看板メニューなので、雨の中頑張って伺いました。私が食べたのは、チキンとポテトのレモンソースのガレット。想像よりもあっさりしたお味で美味しかった! 今度は夜に伺いたいものです。

 

f:id:fujimaru3:20200216115331j:plain

ガレット大好き!

 

 

 

 

www.hacorenove.jp

みつろうハンドクリームを自作

温かいお湯で洗い物をする冬場。
おまけに新型コロナやらインフルエンザやら心配事がたくさんで、いつも以上に頻繁に手洗い、つまり手荒れが気になる今年は、とうとう市販のハンドクリームを使い切りそうな予感。
「新しいクリームを買わなきゃな」と思いつつ、ふとミツロウが余っていることを思い出した。

石けんデコレーション用に買った白ミツロウ。ドライフラワーのコーティングに使っただけでかなり余っているため、これでハンドクリームを作ることにした。

とりあえず実験なので、オリーブオイル、ミツロウ、ハチミツ、レモングラス精油を湯煎でミックス。柚子胡椒が入っていたガラスジャーに入れてみた。

 

f:id:fujimaru3:20200215161040j:plain




かなりひんぱんにクリームを使うため、オイルの割合をバームよりは増やして柔らかめに。
ミツロウのおかげでかなりしっとりな使用感。

しばらくこれで暮らしてみよう。

ガスコンセントカバーの取り替え

DIYってほどでもないけれど。

冬場になり、暖房速度が速いガスストーブを使うようになって思い出した。我が家のガスコンセント、カバーが割れている。いつも開け閉めするたびに、パカパカ外れてイラッとしていたのだ。

f:id:fujimaru3:20200118135511j:image

なら交換しよう。

とりあえずホームセンターに行った時に売り場を見てみたが、カバーらしきものはない。ガス供給会社ごとに仕様が違うのだろう、一般販売はしていない様子。

幸い、近所に地元ガス会社のサービスショップがあり、確認してみると、我が家のコンセントに適合するカバーがあったので、即時購入。

ガスコンセントは、ずいぶんと種類があり、カバーについても、まず自分の家のコンセントの品番を見極めるのが難しい。特に賃貸だと、自分は関わっていない上、古いものも多い。ショップの方によると、「廃番も多いので、現物確認が一番確実」。

今回、ネットでアタリをつけて電話確認したうえで、コンセントカバーの写真を撮ってショップに行ったので、間違いなく買うことができた。

本来は、最新のガスコンセントにしたいところでしたが、悲しいかな、我が家は賃貸住まい。素直にカバー交換のみで終わりました。

それでも、壁紙の色に近い色にすることができたので前進と言える。

「自分でやってみる」つもりで調べれば、できることはたくさんあるものだね。

f:id:fujimaru3:20200121085105j:image

f:id:fujimaru3:20200121085113j:image

 

 

サコッシュの染め直し〜初めての染めQ

2年前に相方用に買ったポーターのサコッシュ
使い心地もルックスもよくて、かなりヘビーユースしていたんだけど、コットン生地のためやがて色褪せて、白っぽくなってきた様子。

仕事で使うこともあるため相方には新しいものを買って使ってもらってるんだけど、こっちはまだまだしっかりしてる。捨てるに忍びないので染め直すことにした。

布の染めといえばダイロン。
でも浸して染めるダイロンではストラップまで染まるのでパス。スプレーの染めQにジーンズ用があるようなのでそちらをチョイスした。

染める前はこんな感じ。
着用したときに体に触れる部分や端、コーナーが色褪せている。

f:id:fujimaru3:20200115121959j:plain

普段使うにはそんなでもないかもだけど、ビジネスシーンではちょっとねー

ジーンズ染めQはスプレーなのでベランダを養生。
サコッシュもストラップやスナップ、タグ、ファスナーなどをマスキングして準備。

あとは、とにかく薄めに、吹いて5分待機、吹いて5分待機を繰り返し、好みの濃さになるまで。今回は表裏それぞれ4回、端やコーナー、開口部は別途ていねいにスプレーした。

f:id:fujimaru3:20200115141924j:plain

マスキングはしっかりと。

寒い寒いベランダでしたが、乾燥はスムーズ。
けっこう臭うので、家庭では室内は避けたほうが良いと思う。
スプレー終了後は手につくこともなく、コットン生地の柔らかさも損なわれずにじみもない。
色はコズミックブルーを選んだけど、サコッシュの元の色より鮮やかになってなんか嬉しい。

f:id:fujimaru3:20200115142636j:plain

キレイに復活! 壊れない限り使えるぞー

f:id:fujimaru3:20200115142852j:plain

 

ジーンズ染めQは、某ホームセンターで税込1,300円ほど。
前からコットン生地の色褪せをどうにかしたいと思っていたので実験できてよかった。
こういう浸せないものはスプレーが便利なんだね。
このサコッシュは私がもらうぞー。

www.yoshidakaban.com

 

somayq-shop.com

 

タイの香りクラフト「ヤードム」を作る。

 こないだまでソープレッスンの卒業製作のために、あれこれ精油やらスパイスやら触っていた矢先。
馴染みのある国立民族学博物館の出張ワークショップ「タイの香り体験とヤードム作り」が目に留まり、「これは!」とばかりに行ってきました。

 ヤードムとは、嗅ぎ薬という意味らしい。
ヤーが薬、ドムが嗅ぐ、という。
薬といってもケミカルな感じじゃなくて、スパイスやらハッカ油などの天然素材を組み合わせた漢方っぽいもの。
タイではコンビニやスーパーでお安く買えるポピュラーなもので、気分転換や乗り物酔い、眠気覚ましなどに気軽に使われているそうだ。
今回は、これを作ってみようというわけ。

f:id:fujimaru3:20191118125920j:plain

細いリップスティック風のものは手軽な携帯用。いろんなフレーバーがあるそう。

 クローブ、黒胡椒、シナモン、メース、スターアニス、陳皮、アニス、カルダモン、ターメリック
並ぶスパイスは全部、好物。
こないだクリスマス用ソープでスターアニスとシナモンを使ったばかりなだけに、スパイスの有用性には国境はないのだと妙に納得。
さすがスパイス。

f:id:fujimaru3:20191118125312j:plain

 ヤードムには特に決まったレシピはない。
好みのスパイスを、好みの配分でブレンドし、すり鉢で粗く潰して香りを出し、好みの精油を垂らして終わり。
実に簡単。

なんだけどねー、悩むんだよねー。
こないだシナモンやら使ったばっかやしなー。
そういや、そろそろ花粉症の心配もしないとやしなー。
普段あまり使わないスパイスで冒険しようかなー

 結局、カルダモン、黒胡椒、陳皮、アニス、メースで構成。
精油は、ベルガモット2滴、ハッカ1滴、ユーカリ1滴。
甘さのない、おだやかな爽やかスパイシーになりました。

 

f:id:fujimaru3:20191118132532j:plain

すり鉢? 乳鉢に好みのスパイスを入れて

f:id:fujimaru3:20191118133527j:plain

ゴリゴリ潰して精油を数滴。

 乗り物酔いしやすいし、頭痛持ちやし、花粉症やし。
帰ってからずっと、目についたらこのコ嗅いでます。

f:id:fujimaru3:20191119183655j:plain