ふじまるぽーたる

音楽、自作好き筆者の愉快な日々の記録。

懲りずに鉄フライパン再生

 研磨用の皮スキやペーパー類をスタジオから持ってきているので、この際うちにある鉄フライパンを全部メンテナンス。

 一つは、独身の頃に使っていた両手フライパン。ブランドはもう忘れてしまったけど、このままオーブンとかに入れられるので取っ手が短いものを選んだはず。ずいぶん使い古してコッテコテに油が積層しているけど、今はすき焼きや揚げ物用に活躍している。先日と同じように汚れ落としジェルで緩めた後、皮スキであらかた落とし、ペーパーで研磨。かなりきれいになりました。

f:id:fujimaru3:20200630134043j:plain

研磨後。


 もう一つは、卵焼きパン。けっこう頻繁に使っているのでコンディションはそんなに悪くないけど、底面の皮膜がポロポロ剥がれてきていた。こちらはジェルを使わず、カセットコンロで油の層を炭化するまで焼き切って除去。ジェルほど面白いように落ちないけど、ケミカル剤なしなので、気兼ねがない。四角い形なだけに隅の研磨が不十分だったけれど、もうこれが限界でした。

f:id:fujimaru3:20200630153225j:plain

研磨前。汚れの層が炭化するまでじっくり空焼き。


 

f:id:fujimaru3:20200630154851j:plain

皮スキでガシガシと皮膜をこそげ落とす。

f:id:fujimaru3:20200630182343j:plain

研磨後。もうこれが限界。

f:id:fujimaru3:20200630191403j:plain

シーズニング後。この後、油ならし。

 さすがに1日に2個もメンテナンスすると疲れる。集中力も途絶えそうだったので、ビデオみながら磨きました。最後はヘロヘロで、シーズニングせずに終わるところだった(笑

 よし、もう再生するフライパンはないぞ。両手フライパンがきれいになったので、これでオーブン料理でもするか!
 

 

鉄フライパンの再生

 ずっと昔に買った鉄フライパン。
少なくとも10年以上は使っているので、最近はギョーザもきれいに焼けないし、チャーハンも焦げ付くしで一苦労。なわけで、やりたくなかったけど再生することにした。
幸いラグロンさんの「コゲも落とせる汚れ落としGel」があったので、コレで手抜きでやることにした。

f:id:fujimaru3:20200625163132j:plain

お役立ち。

 フライパンは、内側はキズやちょっとしたコゲ付きがある状態(写真なし)。ひどいのは外側と内側のヘリの部分。固化した油汚れが積層していて岩のようなデコボコに。ひとまず全体にジェルをかけてしばらく放置した後、金属タワシでこすったりウロコ落としでガリガリすると、ゴワゴワした部分はあらかた落ちた。

 でも、さすがに長年積もり積もった油の層はそう簡単には落ちない。仕方ないので力技でいくことにした。でも、電動ドライバーに付けた研磨ビットでは優しすぎて進まない。最後は手技かと、たまたまあった皮スキや80番のペーパーでシルバーが出るまで削り落とし、240番でそこそこの手触りになるまで手研磨。手が真っ黒になったが、のんびりしていては日が暮れる。引き続き、シーズニングだ。

 セオリー通り、コンロにかけて青くなるまで空焼きするが、家庭用のコンロはセンサーですぐ火が小さくなるので、カセットコンロを動員。ヘリまでしっかり青くなるまであぶる。

f:id:fujimaru3:20200625154335j:plain

玉虫色が美しい。歴戦のキズがあちこちに。

その後、油ならし。火にかけてオイルを投入し、馴染んだら拭き上げて終了。外側も忘れずにしっかり塗布した。

f:id:fujimaru3:20200625161525j:plain

見違えるようにキレイ。

 試しにスクランブルエッグを焼く。薄く煙が出るまで熱し、油を引いて卵液を流す。菜箸でまぜて、はしっこをめくったら、するりとはがれた。まぁ合格でしょう。本格的に餃子やチャーハンを焼いてみてどこまでキレイにできるかな。

f:id:fujimaru3:20200625162700j:plain

お箸でペロンと。

 

食パンde牛乳パック

 自粛前に買っていた強力粉の賞味期限が切れそうだったので、どうにかして使わねばと思っていて。タイミングよく自由な時間ができたので、ちょっと気になっていた食パンを焼いてみた。

 「パンを焼く」という行為自体はまだまだ始めたばかり。かけた手間と味、コストなどから、本腰入れてやってみるのには躊躇しているところで、道具も揃えていない。当然、食パンの型もないけれど、牛乳パックを型にするという知見を得たのでこれにトライ。

 今回は頑張ってこねたので発酵状態も良く、思った以上に上手く焼けた。
小さめサイズでかわいいけれど、思いのほかどっしりしたパンだ。

 

f:id:fujimaru3:20200623012007j:plain

発酵も上々。ローソンのジュースパックがおしゃれ感演出(笑)

 

f:id:fujimaru3:20200623015039j:plain

こんがりいい色。

 

f:id:fujimaru3:20200623015359j:plain

上にバターを塗ってピカピカに。

ただ、焼けた後、庫内にパックのコーティングが溶けたような異臭がした。
使い捨ての型として牛乳パックは便利だけど、ちょっと気になるところ。

 夜遅くから始めて約3時間。
慣れない&狭いキッチンで思った以上に時間がかかった。
正直、こねるのに汗ダラダラ。
ボウルでやったけれど、ちょっとやりにくかったな。
次は調理台にシリコンマットでやってみよう。
今後もパンを焼くならこの工程をいかに効率よくするかがポイントになりそう。
……そうそう、娘が焼き立てを食べたくて夜更かししたこと、メモしておきたい。

【我が家の最適化計画】ゲーム用ラックを作る。

 我が家はゲームに積極的にコミットする家風。
といっても私はほとんどと言っていいほどやりませんが、家族は新しモノ好きということもあり、ゲームそのものだけでなく関連書籍やYouTube、周辺機器まで幅広く楽しんでいる様子。
となると、必然的にゲーム関連のアイテムが増えて整理が追いつかなくなるわけで。しかも、今はテレビの横にゲーム用のディスプレイがあり、テレビの音とゲーム音が干渉しちゃって「何とかしなきゃ」と思っていたところでした。

 以前、書斎の模様替えのパースを描いた時に、ビデオ用ディスプレイを配置するつもりだった場所。このたび模様替えを決行するついでに、そこに収納とゲーム用ディスプレイ台を兼ねる棚を置くことにしました。

 

 我が家のNO.1ヘビーユーザーである娘に棚のラフを描いてもらい、私が設計。特に気を使ったのは、使う人(=娘)が便利に使えるようにすること。従来品にとらわられずに欲しい機能を盛り込むために、ネットを見たりシミュレーションしたりして対話を重ね、内容をつめていきました。

f:id:fujimaru3:20200220231645j:plain

娘がイラストソフトで描きました。

 メインのパイン材と塗料は、外出自粛前にすでに入手済み。あれこれしているうちにホームセンターにも行きづらくなったので、とりあえず空き時間にノンビリ塗装しながらの進行です。たしか、半ツヤのアイボリーを使ったはず。今回は大型なのでローラーが活躍しました。

 塗装後は組み立てなのですが、とにかく大型(H1,120*W924*D400mm)なので一人では大変。狭いスタジオで四苦八苦しました。もっとクランプ類が要りますな。
背面は、排熱を期待して有孔ボードに。さらに配線も兼ねたスリットを作っておきました。

 ここまで作ってふと思ったんだけど、
「コレってエレベーター乗るん?」
……コレ大事。
せっかく作ったわ、搬入しようと思ったらエレベーター乗らんわじゃ、脱力です。乗らないと分解して搬入、現地組み立てになり大変めんどくさい!
今回は何とか乗った♪ので、全て組みあげた状態で搬入。所定の場所にぴったり収まりました。

f:id:fujimaru3:20200611141319j:plain

収納物はいろんな色が混在するので、本体は白くしました。

 とりあえず本体にグッズ類を並べてみて。
ココに椅子を置いて、ココにディスプレイを置いて、とシミュレーション。すると当初、前面に配置予定のコントローラーが動線の邪魔になることが判明。急きょ、代替案として側面にコントローラー類を配置することにしました。

 側面に無用に穴を開けたくなかったので、有孔ボードを側面に引っ掛けてハンギング用スペースを増設。そこにコントローラー専用の自作フックを取り付けました。リングフィット用の大きなリングもまとめて収納できて、かえってよかったかも。

f:id:fujimaru3:20200611141634j:plain

端材なので寸足らず。だけど事足りている。ちょっと顔みたいにも見える。

 あと、たくさんあるアミーボたち。
以前は壁の専用シェルフに載せていたんだけど、ラック内に引っ越してもらうため、棚板を3つ予定。でも、実際に出し入れしてみると、案外アミーボの背が高くて他のグッズと干渉しそうなので、2段に変更しました。後付けは何かと面倒なんだけど、この工程にしてよかった。

f:id:fujimaru3:20200611142128j:plain

増えたらやっぱりもう一段要るな。

 かさばるヘッドフォン。
けっこうガチなヘッドフォンなので、既製では吊れるフックがない。結局、2×4材を切り出した自作フックにしました。

 

f:id:fujimaru3:20200611142137j:plain

皿取りしたけど、ちょっとネジ沈みすぎ。

f:id:fujimaru3:20200509095422j:plain

自作フックたち。

f:id:fujimaru3:20200611142115j:plain

本がたくさん収納できた! 棚板はダボ仕様で可動。


 そんなこんなで、後付け部品もひとまず出揃い、いったん落ち着きました。
あとは、ディスプレイを置いて、座り心地の良い椅子があればゲーム環境として完成です。椅子は、IKEAポエングを狙っています。もう一度座ってみて決めたいので、自粛解除後にお店に行く予定。

 今回は、娘に「理想の家具を自分で作る」ことができるのだ、ということを実感してもらいたくて、彼女にプランしてもらい、自作部品にもこだわりました。あと、机上プランだけでは上手くいかないこともあるので、要所要所で確認〜調整することが大事であることも知って欲しかった。本人は「思った通りに出来上がるとめっちゃ嬉しいな」とのこと。よきかなよきかな。

 ゲーム関連が書斎に引越しすると、かなりリビングも広々するはず。
早く完成させたいぞ。

fujimaru3.hatenablog.com

 

www.ikea.com





【我が家の最適化計画】仕切りカーテンをつける

コロナ禍でのリモートワークも2カ月ほど経った。
ネットを介して打ち合わせや会議が増える中、書斎に隣接したリビングの動きがどうにも集中力の邪魔をするらしい。
撤去した戸ぶすまを今さらまた設置するのも息苦しくてならない。

というわけで、レースのカーテンを設置した。
遮音カーテンも検討したけど、冷房の効きが悪くなるのも困るので。

店頭でカーテンレールをいろいろ見ていて、キランと閃いた。

このレール、鴨居の溝にはまるのでは?

帰宅後、チェック。
みごとにハマりました。
気持ちいいー。

f:id:fujimaru3:20200603155802j:plain

 

f:id:fujimaru3:20200603155752j:plain


 

【我が家の最適化計画】洗面台下の引き出し収納

 洗面台下の収納スペースに歯ブラシや浴室小物のストックを整理するための小引き出しを作りました。
以前は、プラダンジョイントを駆使して引き出しを作って収納していたんだけど、グッズが多すぎて崩壊。
代替策がないまま放置していて、とても不自由していたんです。

 で、このコロナ禍。

やっと収納を作ろうと思ったのはいいが、密を避けるためにホームセンターにも行きづらい状況。材料……。結局、スタジオにある端材を使ってやりくりしました。
具体的には以前、砂壁リフォームの時に使ったプリント合板。

 まず、厚み4mm程度の合板を3枚貼り合わせて12mmの合板を作り、それを基本の材に。
小引き出しを作るということもあり、せっかくなのでスライドレール風の構造とし、張り合わせる合板の枚数を加減してレール部にしました。材を作る時、接着後のクランプが甘く材に歪みが出たので、組み立て工程で微調整に時間がかかりました。こういう準備には時間をかけた方がいいですね。

f:id:fujimaru3:20200528144856j:plain

 引き出しは軽量化のため合板1枚で組み、四隅を角材で補強。長いねじしかなかったので飛び出した先端はプラダンで保護しました。合板製レールは、接着剤と短くカットした小鋲で固定。前板はサイズをミスし、本体の木口が丸見え仕様です。ま、洗面台下ですからね。面倒なので直しません。取っ手はDIYアドバイザー関西の先輩にもらった自作品。サイズも色もちょうど良くてピッタリでした。

f:id:fujimaru3:20200528144950j:plain

 壁面用の化粧合板は家具としても自然なたたずまい。天面はオープンにして使用頻度の高いものをサッと取れるようにしています。端材サイズの関係で、洗面台下のスペースよりも少し小さめになりましたが、プラコップなども収納できるサイズの引き出しが4つ。今までバラけていた雑貨もジャンルごとに分類できて、けっこう便利です。

f:id:fujimaru3:20200528145134j:plain

f:id:fujimaru3:20200528144909j:plain

 

f:id:fujimaru3:20200524100446j:plain

 

今日のおやつ〜はちみつレモンパウンド

外出自粛中なのでストレスが溜まる。
家ん中だからウェーイすりゃいいじゃんと思いきや、相方はリモートワークで頻繁に会議してるので、かえっていつもよりも静かなリビング。
さらに、食堂のおばちゃんよろしく、せっせとご飯作んなきゃなので、ずっとスタジオに籠もってものづくりというわけにもいかず。
結果、食べるものを作るのに燃えるわけだ。

ま、けっきょく何か作るのがストレス発散になってるわけだけど。
で今回は、石けん用にストックしていたレモンの皮を蔵出し。
定番になってきたパウンドケーキに変化を出したくて、はちみつで煮たレモンピールを粗みじんにして混ぜ込んだ。

細く切って冷凍保存していた皮なので、煮こぼしは3回。
今回はちゃんと味見して苦味チェックもしたぞ。

レモンピールが重いせいか、膨らみはいまひとつ。
でも、ばっちり美味しいパウンドケーキになりました。

こちそうさま!

f:id:fujimaru3:20200424154207j:plain

紅茶に合いますな。